スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
霊峰高千穂の峰
- 2015/07/30(Thu) -
久々(数年ぶり)に高千穂の峰に登る
IMG_0031.jpg高千穂河原ビジターセンター駐車に、新燃岳の噴火以降に設置された避難壕

IMG_0032.jpg 古宮址に続く道
霧島神宮がこの場所に有った頃は参道だったのでしょうね
IMG_0034.jpg 古宮址から望む霊峰

IMG_0035.jpg 多くの登山者が訪れる人気のある高千穂の峰 登山道も整備されています

IMG_0037.jpg IMG_0038.jpg 1167m このあたりで原生林が終わります
この上は高山植物と神々の聖域です
IMG_0041.jpg 簡単に登山者を受け入れる山ではありません

IMG_0043.jpg 10キロぐらいのトレイルなら簡単に走る武蔵君 今日は堪えてるようです

IMG_0045.jpg 本来なら一周出来る御鉢
火山活動の為立ち入り禁止です

IMG_0048.jpg 馬の背 風が強い時は多くの登山者が引き返すポイント
今日は無風 簡単に通過できました。

IMG_0050.jpg 元宮
最初の霧島神宮が建立された場所

たびたびの火山活動で焼失したようで
元宮~古宮址から現在の場所に降りて建立された
歴史に興味有る人はネットで確認くいやんせ
こんな事に興味持つのはおいちゃんぐらいでしょうが!

IMG_0054.jpg 着きました山頂に
いつものアングルでパチリ
IMG_0058.jpg 山頂に立つ天逆鉾いつも漠然と見ていたが

DSC_0031.jpg よく見ると東西の面に顔が
新たな発見でした
無題 本日遊んだ軌跡
スポンサーサイト
この記事のURL | 登山 | CM(2) | ▲ top
由布岳
- 2014/05/29(Thu) -
今まで何回も通った、由布岳登山口だったが登らずに居た。
今回初めて由布岳に足を運んだ。
CIMG4499.jpg やまなみハイウエーイ沿いにある登山口  朝日を浴びて絶好の山日より
CIMG4500.jpg 今日目指すは西峰と東峰 所要時間は一般登山者で5時間

CIMG4502.jpg しばらくは草原を進みます
おいちゃんは山走り人
もちろん走ります 当然息を乱してますけどね。
CIMG4504.jpg CIMG4505.jpg ここからは原生林の中を進みます。

CIMG4507.jpg 当然展望は有りません
朝が早いからまだ登山者は居ないから、走れる部分は走ります。

CIMG4514.jpg
高度を上げるにつれて展望を良くなり、ミヤマキリシマの群生地
CIMG4515.jpg 山頂まで後少しのポイント(タマエ)
最初に登るのは一等三角点の有る西峰

登山ガイドによると鎖場が危険との事
CIMG4516.jpg CIMG4517.jpg
上から降りてくる登山者を待ちながら小休止
流石に武蔵君は小さいから、垂直に切り立つ岩場は上れません

CIMG4518.jpg 山頂付近からの見晴らし 素晴らしいですね。
CIMG4520.jpg CIMG4521_20140529224730235.jpg 西峰に到着 もちろん三角点もパチリ
小休止を取らずに 先ほどのポイントまで戻ります。
CIMG4523.jpg 切り立った鎖場の岩場 降る方が怖いですね。

CIMG4524.jpg 今日の武蔵君
何回も山に入ってるから余裕の表情です。
次に目指すは東峰
特別に危険な個所もなく簡単に到着
CIMG4528_201405292255361a0.jpg
東峰より由布岳の火口を
CIMG4529_201405292256021b1.jpg

今日の目的達成
下りは全部走っております
そうです!おいちゃんは山走り人

所要時間約3時間半

湯布院の温泉で疲れを癒やしました。
この記事のURL | 登山 | CM(4) | ▲ top
きりしまんじだ
- 2010/08/22(Sun) -
今日は、チームの練習会
練習会タイトル きりしまんじだ(勝手に命名しました)

本日の参加メンバー  
ウルトラを控えた くまさん なすさん 
五ヶ瀬のトレイルを控えた 3の3さん 天パさん
金峰トレイルを控えたおいちゃん
なんとも強力な5名

CIMG1631.jpg 朝8時 新湯温泉入口に集合
なんといい天気でしょうか
今日のメンバーに雨男 雨女いませんね。

CIMG1634.jpg しばし準備とご挨拶 
CIMG1636.jpg CIMG1635.jpg 新湯林道からスタート 舗装道路は最初の300メートルぐらい?

CIMG1638.jpg CIMG1639.jpg いきなりの未舗装のぼり道
足の動きと心臓の動きと息遣いがバラバラ 苦しいですね
給水タイム

CIMG1640.jpg 最初の沢 シューズを濡らすことなくピョンピョン

CIMG1642.jpg 次の沢 予想通り丸太橋流されてありませんね。
CIMG1643.jpg CIMG1645.jpg 迷うことなくバシャバシャと!

CIMG1648.jpg 途中何度も見かける注意の立札 そうです 入山禁止なのです
新燃岳は活動火山 警戒レベル2 本当は、入ってはいけないのです。
CIMG1653.jpgCIMG1654.jpgCIMG1655.jpgCIMG1656.jpgCIMG1657.jpg

CIMG1659.jpg 獅子戸岳1428メートル あとで駆け上る予定

まず目指すは新燃岳1421メートル 
一気に息を切らしながら駆け上ります。
CIMG1660.jpg 新燃火口 綺麗なエメラルドグリーン
CIMG1661.jpg どうですか?素晴らしい景色でしょう。 おいちゃんの好きな場所

CIMG1663.jpgCIMG1664.jpgCIMG1666.jpgCIMG1667.jpgCIMG1669.jpg
走って 走って 走って

CIMG1670.jpg 着きました 記念にパチリ
CIMG1672.jpg 次に目指す中岳1332メートル 綺麗な景色でしょう。
霧島山の観光ポスターに使われる風景です。
 
CIMG1674.jpgCIMG1675.jpgCIMG1676.jpg またまた 走って 走って 走って
CIMG1680.jpg 途中遊んだりして

CIMG1683.jpg 入山禁止なのにほかの登山客もいました。 お願いしてパチリ
CIMG1687.jpg CIMG1688.jpg さあ引き返しましょう 走って 走って 走って

CIMG1695.jpg CIMG1696.jpg 写真ポイント忘れてました パチリ パチリ

獅子戸岳の麓で小休して 荷物を置いて 身軽になって
3の3さんは、荷物の見張り番 写真係り
さあ駆け上がりましょう
CIMG1698.jpgCIMG1699.jpgCIMG1700.jpgCIMG1701.jpgCIMG1702.jpg
本日の工程終了
新湯林道を一挙に駆け下ります

本日の走行距離 17.68キロ 所要時間3時間53分47秒
この記事のURL | 登山 | CM(16) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。