スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
田植え
- 2013/06/16(Sun) -
先週の日曜日に代掻きをしてから、田んぼに水を張り1週間寝かせた
朝早くに起きて田んぼに水抜き
CIMG0029_20130616232112.jpg ほぼ納得のいく状態

CIMG0030.jpg 20枚の苗箱を運んで

CIMG0032.jpg 慎重に田植え機を降ろして

20100620174345bab_20130616232839.jpg 作業に無駄がないように、何年も前に作った工程図

CIMG0036_20130616233045.jpg 田植機の後左右にあるマーカーを使って8条分の線引き

CIMG0034.jpg 今度は前方に付いているポインターで線を目印にしながら植えて行きます。
意外と農業も頭使うのです。

CIMG0035.jpg 同じように線を目印に植えて行きます

5往復(40条)したら一旦バックして
CIMG0038_20130616233909.jpg クラッチを切って2条植え(赤い線)

田んぼの大外をぐるっと1回りして植えて(緑の線)

最後に内回りをぐるっと1回りして田植え完了(青い線) 

もう30年近く田植えをしているのに、未だに下手くそです。

田植えして2~3日は苗は黄色くなります。
生育が始まると再び緑色に戻ります。

3~5日で育ちの悪い苗は、手植えで植え替えます。

暫らくは毎日仕事帰りに田んぼを見に行こう!
スポンサーサイト
この記事のURL | 有機米 | CM(2) | ▲ top
脱穀
- 2012/10/22(Mon) -
今年の米つくりもいよいよ最後の仕事

脱穀には最適な秋晴れ
早起きしてせっせと準備
脱穀機を田んぼに運んで、準備完了

しかし昨夜は風が無かったため、稲わらが夜露で濡れてます。
作業は何もしていないのに早くも休憩

いのです 自然任せの作業ですから

10時過ぎ稲わらも乾いたので脱穀開始
多少のトラブルは有るものの、比較的順調に脱穀は進みます
CIMG0051_20121022192822.jpg

脱穀も終わり モミ俵を家の倉庫に
我が家で9俵 実家に4俵
残りは精米所に運んで精米して出荷します。
大したお金にはなりませんが良いのです趣味の米作りですから。

CIMG0054_20121022193236.jpg
2箇所の田んぼの脱穀を終わるとすでに夕方

疲れたから後片づけは後日しましょう。


CIMG0061.jpg
やぐらのパイプを片づけて、家の納屋に納めて

稲わらは近くの畜産農家が貰ってくれます。

来年も蓮華が咲くように、わら屑を集めて燃やします。

最後のお仕事
蓮華の種を蒔きます。

田んぼはしばらく休眠に入って地力の回復を待ちます。

今年も田んぼブログを読んでいただいたありがとう

来春蓮華の花が咲いたらまた読みに来てくださいな。
この記事のURL | 有機米 | CM(4) | ▲ top
掛け干し
- 2012/10/07(Sun) -
CIMG0046_20121007174500.jpg 季節も変わり 田んぼも黄金色
田んぼの上にはアキアカネが飛び回ってます。

三連休のお天気も良さそうだから
稲刈り作業

どこまでもこだわりの米作り
今年も掛け干しです

夜露が乾いてから稲刈り機でせっせと
機械の調子もよく順調に稲刈り終了
CIMG0043_20121007175238.jpg

昼ご飯を田んぼで食べて
掛け干し用のやぐらを組み立てます
稲の重みで倒れないように慎重に確実に

刈った稲を全て手作業でやぐらに掛けます
軟なおいちゃんには重労働です

後何年ぐらいこの作業が出来る事か?
後継者も居ないし

CIMG0044_20121007175403.jpg
無事に終了

天日乾燥で2週間したら脱穀作業です。
お天気次第ですけどね
この記事のURL | 有機米 | CM(4) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。