スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
阿蘇に向かって4
- 2008/04/29(Tue) -
5月に有るジョギング大会の会場まで
自宅より往復 55.4キロ
今回はペースを設定してのラン   暑さにも体を慣らす

いつものように、エネルギーを入れたバッグ

給水専用のウエストバッグを身に着けて

スタートして1時間ぐらいで太陽が真上に 暑い

アップダウンを繰り返しながら、ほぼ設定タイムで
花房峡に到着080429_1209~0001


管理棟で管理人さんとお話しながら、小休止

激坂を下って復路
080429_1208~0001



気温もあがってきました。 最高気温27度?

自動販売機での休憩が長くなり、いつものようにコンビにでソフトクリーム 

何とか自宅にたどり着くも、
何かが?足りません
花房峡1

もう少しテンションを上げなければ、阿蘇走れません

スポンサーサイト
この記事のURL | ランニング | CM(3) | TB(0) | ▲ top
阿蘇に向かって3
- 2008/04/20(Sun) -
阿蘇の坂道をイメージして

町内の山全て盛りこんだアップダウンコース

距離53キロ 標高差400メートル

2週間前の80キロ走続く 単独走
ほとんど山道のため事前準備万端
SA290006_0001.jpg

初めてフルーツ味のゼリーも準備  あとスポーツドリンク お金少しだけ

温泉センターを出発して
SA290007_0001.jpg

葉桜となったモチオの桜並木を抜けて
SA290008_0001.jpg

モチオ神社から最初の坂道をクリアして熊襲広場に
経過時間 39:08 

森林浴コース(自分で銘銘)を快適に走り

SA290014_0001.jpg
SA290015_0001.jpg

大河原キャンプ場に
経過時間 1:39:54  小休止5:17 エネルギー補充
SA290016_0001.jpg

ここまではほぼ予定の時間
しばらく走り大河原の町に
ここで予備のスポーツドリンク購入
ここから林道の坂道となるため人家もありません

さあ気合入れて約400メートル駆け上がります。
しかし心が折れてしまいました。
そう ウルトラは歩いてもいいのです。

やっと やっと白鹿岳にヘロヘロでたどり着く
SA290023_0001.jpg
SA290024_0001.jpg

ここ白鹿岳は百武彗星が発見された場所
霧島連山 桜島 錦港湾 志布志湾 が一望できる 360度のパノラマが楽しめます。
SA290026_0001.jpg
標高604メートル
経過時間3:03:34ほぼ予定の時間 小休止4:24 エネルギー補充
今度は、麓まで駆け下る
足が 膝が痛くてまともには走れません。
体力使い果たしたか?
麓でウルトラの定番?コーラで小休止
次は、陣が丘まで
またまたのぼりで、心が折れてしまいました。
そう ウルトラは歩いてもいいのです。
SA290035_0001.jpg

つつじが綺麗でした。
経過時間3:46:58 小休止4:59
またまた麓まで駆け下って 膝が......
コンビニで糖分補給
SA290040_0002.jpg

経過時間4:34:24 小休止17:22 僅かな距離予想以上にかかりました。
次のポイント 高之峰に向かって、国道を
歩道の段差が堪えます 

道の駅末吉で、またまた小休止
完全に心折れてしまってます

最後のポイント高之峰に
坂道とても走れません
SA290043_0001.jpg

経過時間6:20:49 小休止トイレ5:12

ゴール温泉センターに
7:06:18 

このコース もう一人で走る事無いでしょう?
温泉に浸かり一休み

 



この記事のURL | ランニング | CM(10) | TB(0) | ▲ top
阿蘇に向かって
- 2008/04/07(Mon) -
今の自分にどれだけの 体力と精神力が有るか? テストラン

自宅より志布志港往復
広域農道を最短ルートで くじけても近道ありません

朝からバッグにパン スポーツドリンク チョコレート 蜂蜜 乾燥梅干 少しのお金を入れて
自宅を9時スタート
目標明るい時間に帰ってくる事

朝から小雨 絶好のロングラン日和
単独練習では、特に時間も気にしなくていいから、気楽なものです。
前半雨の強い時は、雨宿りしながらエネルギー補充

多少のアップダウン 軽くクリア 順調に距離を稼ぐ

4時間過ぎてもなかなか海が見えて着ません
以前ドライブで来たから 大体の道は頭に入ってるはず?
やっと急激な下り坂
つきました 志布志港 4時間47分経過
この時点で、明るい時間戻れるのを諦めました


折り返しの志布志港で、30分ぐらい船を見ながら 小休止 エネルギー補充
後は自宅に向かって帰るだけだが?
後半どこまで気持ちが持ち応えられるか?

70キロ過ぎ 足にダメージが 腹筋も痛い
前半簡単にクリアできた坂道が、激坂 壁に見える
仕方ない ダメージを大きくするより歩きましょ。
以前やすべさんに教えてもらいました。

ウルトラは歩いてもいいのです

夜7時過ぎにヘロヘロでゴール

何とか阿蘇間にあいそうです 万歳












 


 

この記事のURL | ランニング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。