スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
過ぎゆく夏を惜しみつつ野山を駆け回りませんか
- 2014/08/31(Sun) -
長いタイトルで始まる今日の練習会

薩摩古道から直接青井岳を攻めるコース
準備した地図等4枚 迷わずに青井岳に登れるのか?????
CIMG4670_20140831193110daa.jpg 今日のメンバーいつもの6名
CIMG4671_20140831193339ab5.jpg 国道を9キロぐらい走って薩摩古道入り口に

CIMG4673.jpg CIMG4674.jpg 今日の予定コースには無かったのだが
皆さんが行きたいと、わがままを言うので
走湯神社にお参り  誰も賽銭を上げませんけどね。

CIMG4676.jpg CIMG4677.jpg CIMG4679.jpg ここからが本格的なトレイルコース
走れる所はもちろん走ります 風倒木を、跨ぎ 乗り越えたり
前回来た時より明らかに風倒木が増えてますね 台風の影響ですね

CIMG4680.jpg CIMG4681.jpg 前回はトンネル内を水が沢山流れて少しだけ躊躇したのだが今日は楽々です。

CIMG4682.jpg 薩摩古道は、ほとんど人が入らない山道
迷い易い場所にはマーキングテープを取り付けます。
今日準備したテープ3センチ幅50メートル
皆さんから無理やり代金を徴収しましたけどね

CIMG4683.jpg CIMG4685.jpg CIMG4686.jpg 原生林の中落ち葉を踏みしめながら
簡単に皆を受け入れる優しい山ではありませんね
今日の予定走行時間は何と!8時間なのです。
CIMG4688.jpg 薩摩古道のピーク地点 
ここまでは前回確認しているから迷わずに来れました。

ここからです!青井岳に直接登るコースを探さねば
地図を見ながら方向を確認しながら.............................
やっぱり!道に迷いました。

道を戻る 早目の決断が大事ですね
CIMG4689.jpg やっと見つかりました 小さな道標が 
道を戻りマーキングテープを取り付けます
何か所も道に迷いながら
CIMG4692.jpg テープを何か所も取り付けながら、激坂を登ります

CIMG4693.jpg CIMG4694.jpg やっと やっと辿り着けました 青井岳山頂 まったく展望は有りませんけどね。

ここからは下り基調の登山道 こけないように駆け下ります
CIMG4696_20140831201639692.jpg やっと登山道から抜けました。
解っては、いたのだがタフすぎるコースでした。
CIMG4697.jpg ここからはしばらく下りの林道 快調に駆け下ります。

一般道に戻って激坂を歩いたり 走ったり

CIMG4699.jpg CIMG4702.jpg 山の途中で予約を入れた古民家レストラン(いろ葉)
料理も美味しいし 店のご主人も奥様も感じの良い人
勝手にマーキングテープを取り付けます。

CIMG4704.jpg CIMG4705_20140831203157736.jpg 更に美味しくなった料理
何回も訪れたくなる素晴らしいレストランですね。

奥様がフェイスブックに皆の写真をアップしてくれるらしいです。
皆さん覗きに行ってくいやんせ

お腹も一杯になって、朝の集合場所の温泉まで
CIMG4706.jpg
お腹が苦しくて走れませんけどね。

本当に8時間かかってしまいました。
仲間の皆さんありがとうございました。

複雑に交差する登山道 まだまだ挑戦出来る山系でした。
スポンサーサイト
この記事のURL | トレイル | CM(0) | ▲ top
薩摩古道
- 2014/08/03(Sun) -
以前から走ってみたかった薩摩古道(歴史街道)
仲間二名に同行をお願いして本日走って来ました。

事前にネットでルートを確認して、ルートもプリントアウトして準備は完璧です。

9時に青井岳温泉集合
本日のルートを三名で確認して出発です。
国道を都城方面に9キロぐらい走ってから、約1時間ぐらいで薩摩古道の標識確認
CIMG4629_201408031823492c8.jpg 今回は標識と地図だけが頼りなのです。

CIMG4630.jpg 人里を離れた場所にアーチ型の水道橋
昔の職人さんの技術の高さ凄いですね(上に登って確認したが現在は使われていないようです)

CIMG4632.jpg 神社発見 もちろんお参りします(賽銭持ってませんけどね)
CIMG4633_20140803183259447.jpg CIMG4634_20140803183301121.jpg CIMG4635.jpg 入り口を確認してからアイシング

CIMG4636.jpg 煉瓦創りの水路
前日の雨で水の勢いが! 水路探検は断念

CIMG4637_20140803183937115.jpg 又煉瓦創りの水路
ここは本日のルート 断念する訳にはいきません。
躊躇する二人の意見も聞かずに突破
CIMG4639.jpg 無事に潜れました
三人とも安心してしまったのか?
沢の中を進んで.......................................
明らかにコースアウトしてしまいました。
迷わずに途中まで戻ります(判断が早いのですよ)
CIMG4640.jpg 見つけました標識

CIMG4641.jpg CIMG4642.jpg いよいよトレイルです
昔参勤交代の時に使っていたと云われる薩摩古道です。
夏場でもあまり日が差さないのか? 草も生えてませんね
人が歩いた足跡も無いし この夏おいちゃん達が初めて入ったのかな?
走れる所は走ります
皆さんトレイルランナーなのですよ。

途中何か所もコースを見失いそうになりながら
CIMG4643.jpg 標識を見つけると安心出来ますね。

CIMG4644_20140803185818325.jpg CIMG4647.jpg CIMG4648_20140803185906891.jpg
途中で何回も地図を確認しながら、山の尾根を走り抜けます。
今日の三名は地図も読めるし地形図も判るのですよ。

山のピークを過ぎると一挙に下り
もちろん写真は有りません
無題 今日の走行ルート
初心者だけでの入山は危険ですよ。
この記事のURL | トレイル | CM(4) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。