スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
針葉樹と広葉樹が織りなす原生林
- 2015/05/23(Sat) -
もう何回足を踏み入れただろうか?
今日も悠久の森で遊ぶ

危険な個所を回避して新たなコースを開拓...........................出来るのか?
CIMG5061.jpg いつもの様に山神さまにお祈りしてから

一挙に山の尾根まで駆け上がり
息が乱れ 足に乳酸が溜まります
大したスピードではないのだが

CIMG5062.jpg 遠くに霧島山  写真では分かりませんが

CIMG5065.jpg 101番鉄塔から入り山の稜線沿いにルートを取る

前に自分で付けた目印テープを確認しながら
どこまで走っても山の中 テープだけが頼りです
もちろん新たなテープを付けながら

目的の92番鉄塔に

ここからが新たなコース
CIMG5067.jpg 準備した地図2枚とコンパス
殆んど見晴らしが無い山の中
CIMG5069.jpg
地図とコンパスを使って方角を決め進みます

コンパスを完璧に使える訳ではありません
まだ初心者です

新たな目印テープを付けながら
万一迷ったらテープを頼りに戻ればいいのです
それでも時々迷子になるけどね

今日は行動食を少しだけしか持ってこなかった
CIMG5070.jpg 野イチゴを食べて
ほぼ予定したコースを確認出来ました

無題
本日の移動距離20.6キロ 所要時間5時間7分

次回は以前から気に成る稜線を探検しよう
行動食を沢山持って
スポンサーサイト
この記事のURL | トレイル | CM(2) | ▲ top
入山規制解除
- 2015/05/06(Wed) -
火山活動の為立ち入りが規制されていた、えびの高原硫黄山
約半年ぶりに規制が解除に成ったので、早速出かけました。

今の季節はミヤマキリシマ(ツツジ)が咲き始める頃
CIMG5030_20150506172149c81.jpg 駐車場もほぼ満車状態です

CIMG5033.jpg CIMG5035.jpg リンドウやミヤマキリシマを見ながら不動池に

CIMG5036.jpg 今日は薄日がさす絶好の日よりです
CIMG5039.jpg 硫黄山のミヤマキリシマ CIMG5040_20150506172804f08.jpg 硫黄山から見る不動池と白鳥山

CIMG5041.jpg 硫黄山の火口 昭和30年代まで硫黄を採掘していたらしい

CIMG5042_20150506173229717.jpg CIMG5043.jpg 今まで一回も書いた事が無かった入山届
山に入る最低条件としてこれからもちゃんと書こうと思うのであった。
殆んどの人が書かないですね ちゃんと注意書きも有るのにね

CIMG5044_2015050617364054b.jpg 多分3合目ぐらいでしょうか? 硫黄山と甑岳

CIMG5049.jpg 次に目指す大浪池

CIMG5050.jpg 韓国岳火口 時々降りている人を見かけるが、あまりにも危険ですね

CIMG5051.jpg いつもの様に1等三角点
軽く小休止と食事 もちろん武蔵君もおやつタイム

CIMG5053.jpg 今日も凛々しい武蔵君

他の登山客から小さいのに大丈夫ですか? と声を掛けてくれますが
おいちゃんより速く斜面を駆け上がるのですよ!と教えてあげます

CIMG5057.jpg CIMG5058.jpg CIMG5059.jpg 大浪池のミヤマキリシマ
花も楽しんだし食事もしたし後は一挙に駆け下るだけです

途中で立ち止まってる青年二人組=この道は下まで下りれますか?
おいちゃん=下りれますよ
青年組=初めて来たんですよ
おいちゃん=道分かりますか?
青年組=分かりません
おいちゃん=地図持ってますか?
青年組=持ってません
地図を渡して 一本道だから多分迷わないと思うよ 気を付けてね
どうして事前に調べないのとおいちゃんは思う
無題
次回は森の貴婦人が咲く頃に来よう
この記事のURL | トレイル | CM(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。