スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
瓶臺山
- 2016/01/09(Sat) -
去年山頂まで辿り着きながら確認出来なかった三角点
KIMG0080.jpg コンパスと地図を持って ついでにおいちゃんの感も

今日は沢沿いの林道を進んでから山に入る最短コースを設定
KIMG0081_201601102003436a6.jpg KIMG0082.jpg山に入る時は、必ずお参りする山神様  
去年ウォーキング大会の時設置された案内板がまだ残っています。
KIMG0085.jpg 以前途中まで探検した滝沿いの方向
危険度マックス  また夏場に探検ですね
KIMG0086.jpg 林道終点から北にコースを取る
KIMG0088.jpg KIMG0089.jpg KIMG0093.jpg 朽ち果てて今にも落ちそうな橋 走る勇気は有りません
なるべく振動を与えないように慎重に

KIMG0092.jpg 沢の中を進む
水量の少ない冬場しか通れないコースです
KIMG0094.jpg 一部斜面が崩落しているが、このコースしか設定していないのです。

KIMG0095.jpg 途中に有る93番鉄塔
自分の場所を地図で正確に確認
最近は鉄塔の位置にも詳しくなりました.....流石電気屋です

KIMG0091.jpg KIMG0097.jpg
特に目印が有る訳でもなく 自分で付けたテープが頼りです
地図も持って居るのだが、原生林の中では役に立たないですね

KIMG0098.jpg 途中何カ所か藪漕ぎをしながら

初めて入るエリアでもないのに方向を見失う事も
直ぐにテープまで戻ります
いつもの事ですけどね

KIMG0099.jpg 見つけました2等三角点
誰も来ない山に中に鎮座されてました。
もちろん記念にパチリ

今日の目的達成です

後は道を引き返すだけです
迷うことはないですね............................
そんな事ありません 必ず迷います
もっと目印テープの数を増やさないといけないですね。
KIMG0101.jpg KIMG0102.jpg
何回来ても飽きない悠久の森
スポンサーサイト
この記事のURL | トレイル | CM(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。