スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
狗留孫神社
- 2010/09/11(Sat) -
さらに登っていくと
CIMG1790.jpg 大きな岩穴

中国の風水に例えると、神様が通る風穴 中は、ヒンヤリした風が吹き抜けてました。
今までとは、違う世界に感じます。

この中を進むと さらに道は険しく
CIMG1791.jpg CIMG1792.jpg
両手も使ってさらに慎重に
CIMG1793.jpg CIMG1794.jpg

やっとたどり着けました
CIMG1799.jpg CIMG1801.jpg CIMG1798.jpg CIMG1796.jpg
険しい山の上に建つ 歴史ある神社 訪れる人も少なそうです 

無事に登ってこれたことに感謝して、お参り
お賽銭しなければ
誰かお金持ってません?  だれも持ってませんね
それもそのはず 今日のコースすべて山の中です。

神社の北側に気になる祠が!
倒木が重なる岩場を登って 
CIMG1800.jpg
ここから先は、侵入を許されないような空気が

CIMG1805.jpg CIMG1806.jpg 河原で待つ仲間のところまで降りましょう。

後ろから! 米さん~~
      下りは、すべりまうね~~
      転んだら落ちてしまいますよね~~

あのね おいちゃんは先月受験した合否を待ってるの、禁句ですよ~~

さらに!  師匠は毎年試験受けてますよね~~
      うるさいメンバー達

せめて毎年関心ですね そんな言葉知らんのか

CIMG1807.jpg 仲間と合流して さあ急いで帰りましょう。

それぞれのペースでロングスパート
バックも軽くなったし 下り道
ペースが上がりますね。

途中で遅れた仲間を待ち 最後の頑張り
CIMG1810.jpg CIMG1811.jpg CIMG1812.jpg CIMG1813.jpg
どうでしょうか? この田園風景 良いでしょう

CIMG1815.jpg
全員揃ってスタート地点の眼鏡橋にゴール

お疲れさまでした。
参加していただいた仲間のみなさん 楽しんでいただけたでしょうか?
スポンサーサイト
この記事のURL | ランニング | CM(8) | ▲ top
<<二文字 | メイン | クルソン 後編>>
コメント
--
ぎょえぇ~・・・面白そうですねぇ・・
こういう山の中は大好きです・・
でも、本当に滑りそう・・(禁句・・)
山深い匂いがしてきそうです・・

なんとも、すごいトレランですね。
それに、皆さんもすばらしい・・・見習わなくっちゃ・・ですね。
お疲れさまでした。
2010/09/11 11:59  | URL | のら #-[ 編集] |  ▲ top

--
おぉww素晴らしひのぉッ♪
企画から何からお世話になりんしたw感謝ッ♪
2010/09/11 13:11  | URL | 爺ぃw #-[ 編集] |  ▲ top

--
最高でした~~(^^)
おいちゃん。
あのコース大成功でしたね。
神社・・パワーたっぷりですね。
又、美ジョガー達の喜ぶコース、
お願いしますネ^^
2010/09/11 14:50  | URL | キーボー #-[ 編集] |  ▲ top

--
皆さん毎週楽しそう・・・なのが凄い!!
一列にならんで、遠足の様に楽しそうに見えますが、トレラン なんですよねー。
景色も素晴らしいですね。
メガネ橋、外国みたいですね。
2010/09/12 09:04  | URL | ぱる #332cGR8E[ 編集] |  ▲ top

-のらさんへ-
最近走ることがマンネリ化してますから
たまにはこのような企画も楽しいですよ。
2010/09/12 18:17  | URL | 米 #-[ 編集] |  ▲ top

-爺ぃさんんへ-
自分で楽しめる企画にしてますから
楽しかったですよ。
2010/09/12 18:19  | URL | 米 #-[ 編集] |  ▲ top

-キーボーさんへ-
今度機会あったら、牛の峠
楽しすぎるコースです。
2010/09/12 18:20  | URL | 米 #-[ 編集] |  ▲ top

-ぱるさんへ-
少し足を延ばせば楽しいとこ沢山ありますよ。
眼鏡橋は、依然木材の搬出のトロッコの一部です。
現在は、文化財として残されてます。
2010/09/12 18:27  | URL | 米 #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。