スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
きりしまんじだ
- 2014/07/06(Sun) -
もう何回も足を踏み入れている霧島山系
今日のルート
えびの高原荘から韓国岳~大浪の池~烏帽子岳

韓国岳と大浪の池は霧島を代表する山だが、
烏帽子岳は同じ霧島山系に有りながら、ほとんどの人が足を踏み入れないマイナーな山です。
本日の参加者7名 遠く延岡からも参加してくれました。
東九州道が開通したから、3時間ぐらいで来れるらしい。
CIMG4557.jpg いつものアングルでパチリ

CIMG4558.jpg CIMG4559.jpg 硫黄山を左に取りながら一挙に韓国岳を目指します。
今日トレイルが初めてのメンバーが三人 当然息も乱れます。

CIMG4561.jpg 山の途中後方を見ると硫黄山と甑岳
CIMG4562.jpg UTMFの完走メンバーはいつも笑顔で登ってますね。

CIMG4563.jpg 9合目付近から見る大浪の池 今日は右ルートを走ります。

CIMG4564.jpg CIMG4565.jpg 韓国岳頂上に到着
本来なら休息なのだが寒いし風も強いから、直ぐに出発
次に目指すは大浪の池
CIMG4566.jpg CIMG4567.jpg 登山道も整備されているから快調に進めますね。

CIMG4569.jpg
大浪の池ルートから韓国岳を見上げるポイント 当然小休止ですね。
CIMG4570_201407131834449ed.jpg 今日の大浪の池 天気悪いからこんな感じです。
今日は皆さん雨具も準備しています。
大浪の池を半周して一般道を下って、皆さんが知らない烏帽子岳に向かいます。

烏帽子岳ルートは足を踏み入れる人が少ないから、落ち葉のふかふかした走り易いコースです。
CIMG4572.jpg CIMG4573.jpg 天気もくだりぎみ
ほとんど霧の中です。
コースを見失わないように慎重に進みます。

CIMG4574.jpg途中疲れが出てきた二人には休んでいただいて、5名で烏帽子岳頂上
標高が低いから展望は、まったく有りません。

巻きルートを使って下山 二人と合流して帰りを急ぎます。
そうです小雨が降りだしたのです。
CIMG4575.jpg えびの高原荘まで7キロぐらい続く坂道

最後まで頑張るしかないですね。
本日の活動距離 22キロ 5時間
皆でゴールして暫らくすると土砂降りに!
皆さんの日頃の行いが良いのでしょうね。
スポンサーサイト
この記事のURL | トレイル | CM(0) | ▲ top
<<第2回 霧島えびの高原エクストリームトレイル | メイン | 阿蘇カルデラスーパーマラソン>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。