スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
棚田
- 2015/09/05(Sat) -
夏の間多くの人が涼を求めて訪れた、おいちゃんの大好きな空間
CIMG5279.jpg
もうすでに9月 訪れる人も少ないのか?
CIMG5281.jpg 駐車場もこんな感じ
CIMG5282.jpg いつもの様に三点セットを準備して

今日は直接山の稜線に上がるルートを探す
多分地図は役に立たないから、コンパスが頼りです
準備した3コース  迷ったらすぐに引き返す作戦
そうですおいちゃんは臆病者なのです

CIMG5283.jpg 沢沿いに登って
地形図を確認 う....................................ん 解らん ほとんど迷子です
CIMG5284.jpg 自分で付けた目印で元に戻る
次のコース
CIMG5285.jpg 藪が深くてこれ以上は進めません
諦めて西側から進むコース
何年か前に足を踏み入れたアリア 少しは覚えてるでしょう
CIMG5288.jpg 105番鉄塔に到着
後はコンパスを頼りに北に進めば稜線に辿り着けるはず
目印テープを付けながら 山の中を
CIMG5291.jpg お~~~~~見慣れた空間 無題 地形図の一番上の所です
帰りも探検をしながら 何事も経験値


午後からは以前から訪れて見たかった棚田 絶好の天気と時期
DSC_0038.jpg DSC_0091.jpg 彼岸花と棚田

DSC_0040.jpg DSC_0041.jpg 小松山からの水で潤う棚田
足を止めてじっくり眺めても飽きない風景

DSC_0046.jpg 手入れの行き届いた石垣と水路
素晴らしい風景です

この景観を維持するのにどれだけの労力を必要とするのでしょうか?
小さな集落だから大変だと思われます

DSC_0050.jpg 田んぼの段差も凄いですね
一枚一枚の田んぼは小さく大型のトラクターはもちろん使えないでしょうね
DSC_0065.jpg 水の流れが時を忘れさせてくれました。

棚田一面が黄金色に輝く来月にまた来よう
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | ▲ top
<<また小松山へ | メイン | ルート完成>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。