スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
でんしろうトレイル
- 2015/11/29(Sun) -
鹿児島県の大隅半島に有る錦江町
同じ大隅半島に住んでいるのに、大会でしか訪れる事の無い山奥

第2回錦江町でんしろうトレイル大会に参戦
前夜祭に間に合うように早目に現地入り

CIMG5469.jpg CIMG5467.jpg CIMG5468.jpg 明日のスタート場所 河原がスタートに設定されています
滑らないのか?? 大丈夫そうです

CIMG5470.jpg スタッフが明日の準備作業中
おいちゃんは暇だから、スタッフと談笑しながらお手伝い

夕方前夜祭に
大会の参加者が少ないから、前夜祭参加者も少ないですね
仲間達や顔見知り達にご挨拶

錦江町役場スタッフによる心のこもったおもてなし
しし鍋が最高に美味しかった
ビールは有料ですが焼酎は飲み放題です
節度の有る飲みかたに徹する




CIMG5471.jpg CIMG5472.jpgスタート前 仲間達とパチリ
どうしてトレイルの大会は緊張しないのでしょうか? 皆さん笑顔です

CIMG5474.jpg のどかなかな開会式 80名ぐらいかな

定刻スタート
快調に走り出すもすぐに左足に鈍痛発生
予想はしていたがすぐに来るとは!

暫らく動きをやめていると当然の事ながら
CIMG5475.jpg 仲間のスイーパーに並ばれる
暫し談笑する
リタイアも考えたが、一応練習は積んだつもり??

足の痛みが治まるまで、歩いたり走ったり
7.2キロエイドで最終グループに追いつく

4名グループでいよいよ山の奥に
皆さん順位が気に成るようです
おいちゃんが優しく教えてあげます 最終グループですよ

山を越え谷を渡り 何ともタフなコース設定です
CIMG5476.jpg エイド笑顔に助けられますね

CIMG5478.jpg  CIMG5477.jpg コースの最高点 二等三角点
三角点マニアのおいちゃん 時間のロスが有ってもパチリ

今日のコースは距離30キロ 累積標高1713メートル 結構厳しいのです

必死の走りで前のランナーを一人 二人と抜いて行く
走って 走って もがいて もがいて 苦しんで やっとやっと
CIMG5479_20151202204050655.jpg最終チェックポイント 稲尾岳
やっと苦しい場所を完走
後は約9キロを下るだけです。
足も快調になり 下りで何人かを抜けた

冷たい雨が降る中 2時間以上前にゴールした仲間が出迎えてくれましたCIMG5481.jpg
いつも仲間に感謝です
この記事のURL | トレイル | CM(0) | ▲ top
西米良
- 2015/10/25(Sun) -
十分な練習を積んで、西米良スカイランニングクエストに臨む

DSC_2277.jpg 今回は仲間と二人
多くの仲間達もスタッフとして参戦してました。

距離38キロ 累積標高3363メートル 平地まったく無し
過酷なコース設定です

CIMG5408.jpg CIMG5409.jpg 宮崎の秘境に集うトレイルランナー達
皆さん速そうな人達ばかりです

おいちゃんが参戦して大丈夫なのか? 不安がよぎる

スタートしていきなりの登り
当然息が整う筈も無く..................歩きたいな
CIMG5410.jpg 前が詰まって来たので歩いて息を整える
CIMG5411.jpg 走れる所は本気で走るのだがグループに付いていけない

CIMG5413.jpg CIMG5412.jpg 山の中で三角点 もちろんパチリ

CIMG5417.jpg 高度1000メートル越え 展望も良くなって
いよいよスカイトレイルの始まりです 

足にダメージが来たのか? 注意力が落ちて 転ぶ 又転ぶ
カメラを仕舞い込む
CIMG5418.jpg スタートして4時間
やっと折り返し地点の市房山の山頂が見えました
制限時間が9時間なのに大丈夫なのか? またまた不安がよぎる

CIMG5419.jpg CIMG5420.jpg 急斜面を40分登って、やっとやっと山頂に
CIMG5422.jpg 時間の余裕は無いのだがお願いしてパチリ

いよいよ始まりました。
関門との闘い 当然写真など撮ってる場合ではありません

回りのランナーも時計をしきりに確認します
走る 走る 苦しい時は歩きますげどね
立ち止まる事を時計が許してくれません

DSC_2284.jpg 途中から一緒して貰ったランナーと共にゴール
CIMG5428.jpg また新たな友達が増えました。

完走率73.4%
とんでもなく過酷な大会でした。
来年の参戦は微妙?.................................
大会スタッフの皆さん 途中で話をして頂いた皆さんありがとうございました。
この記事のURL | トレイル | CM(2) | ▲ top
きりしまんじだ
- 2015/10/11(Sun) -
大粒の雨が大地を叩く夜明け前
遠くから仲間達が集まってくれました。

今回は走行距離65キロ以上 累積標高2000メート以上
いつもながら優しいないコースではありません

CIMG5363.jpg CIMG5366.jpg
スタート前 雨も上がってくれました。
皆さんの日頃の行いが良いのですね
参加メンバー5名 サポート1名
いつもサポートに支えて貰いおいちゃんの練習会です。

定刻5時スタート
当然真っ暗 皆さんヘッドライト装備 おいちゃんは安全ベストも着用
何事も安全第一ですからね

サポートカーのヘッドライトで照らして貰いながら、暗闇を走ります
今日は霧島登山マラソンも開催されるから、トイレ休憩も兼ねて受付会場に
会場では大会スタッフ ボラの方達が忙しそうに準備されてました。

CIMG5367.jpg 最初の難所ひなもりキャンプ場を過ぎたころに明るくなりました

ここからはしばらく下り 時間と距離を稼ぎます
CIMG5368_20151012224004193.jpg 小林の牧場(マキバ)
トイレを見つけたら必ず休憩です

ここから生駒高原まで容赦ない登りの連続
一人では絶対に登れない坂道 仲間が居ると心が折れる事も無く登れます

CIMG5369.jpg CIMG5371_20151014193441e1a.jpg 本当は苦しい筈なのだが 何故か笑顔
スタートから3時間半やっと生駒高原に ちょうどコスモスも満開でした
CIMG5377_20151014193719e52.jpg ここからえびの高原までは10キロ以上 高度も一挙に上がります
本来なら心が何回も折れる連続した登りなのだが、誰もサポートに乗りませんね

CIMG5378_20151014194140656.jpg

CIMG5379_20151014194313fcc.jpg スタートしてから6時間 やっとえびの高原に
標高1200メートル 風も強いし寒い

ここからサポートも車を降りて韓国岳まで走ります
本当はゆっくり登りたいのだが、他の登山客からトレイルですか? 頑張ってくださいね

当然休むことは許されません
CIMG5380_20151014194905fa0.jpg CIMG5381.jpg 山頂は10℃以下おまけに強雨
本来ならエネルギーの補充をしたいのだが 寒すぎ
写真を撮って早々と 大浪の池に向かいます
CIMG5384_201510141953217c2.jpg 大浪の池 逆光で解らん
外輪 天気も回復してくれました。
CIMG5385.jpg CIMG5386.jpg CIMG5387_20151014195635852.jpg CIMG5388_20151014195713129.jpg CIMG5390_20151014195749c93.jpg

CIMG5397.jpg CIMG5399.jpg 霧島登山マラソンを終えた二人も途中から合流して
霧島登山マラソンは大会後焼肉の振る舞い ビール 焼酎飲み放題なのに
疲れも隠さず合流してくれました

CIMG5401.jpg 走行時間12時間 怪我も無く全員完走

CIMG5402.jpg もちろん懇親会も皆さん完走

今回も仲間達と楽しい時間を過ごせました。
また楽しい企画考えまする
この記事のURL | ランニング | CM(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。